2017年2月1日水曜日

売らないこと

今のお店をやる前の私は
売らない美学を持っていました。

モノを売る行為は
ガツガツしていて


よくない事だと
心の何処かで思っていました。


なんとなくモノを売るという事に
罪悪感がありました。


自分は倹約家で
無駄遣いをしないから


人にもそれを勧めてしまう。

でもそれは
自分の価値観の
押し付けかもしれません。


買い物は
人生を
豊かにする事でもあり

心豊かになろうと
する事
でもあります。

売らないことは
それを引き止める
行為かもしれません。


売らない事はいい事という
思い込みがあると気づき

モノを売るという行為は
相手の
心と人生を豊かにする

とても良い事をしているのだ
という側面にも気づきました。

お客様が「買おうか?」
「買うまいか?」と
迷っていても

たとえ今日は
「買いに来たのではない。」

と言われたとしても

いかに相手を豊かな人生に
お導きするかを考える。

天職でキラリ輝くお店は
まるで恋に落ちるように

思いがけず魅力あるものに
出会う場所でもあります。

どんなお客様の心の変化も
すぐに受け止めれるように

常に心を開いておく。

お客様がドアを出た後まで
常に心配りをする。

なぜならそのお客様は
こうしてわざわざ


お店へ足を運んで
来られたのだから。


最後まで読んでいただき
ありがとうございます。


更新ペースは週に一回。
毎週水曜日の予定です。

次回はまた来週!

0 件のコメント:

コメントを投稿