2016年12月14日水曜日

伝える技術3

言葉では簡単に伝わらない
ことがよくあります。

お客様は自ら質問をしていながら
答えを聞いていない事もあります。

ものを伝えることは
簡単ではありません。

だから本気で伝えるためには
様々な手段を駆使する必要があります。

伝える時に使うのは
言葉だけではありません。

資料や見本を用意して
見せるのも大切です。

中でも更に効果的で
大切なことがあります。

それは身体全体の五感で
分かってもらうことです。

実際にそれを
使っている状況を

耳だけでなく、目だけでなく
皮膚感覚でも体験してもらうこと

言葉だけでなく
資料だけでなく

身体で実体験して
五感で感じて頂くのです。

どんなやり方で
体験して頂くか

それにはお客様側の視点に
もう一歩踏み込む必要があります。

常にお客様視点で考えれば
様々なアイデアが浮かびます。

アイデアが浮かんだら
どんどん試していきます。

精度を上げるため
トレーニングも行います。

自分の精度を上げて
得意なパターンを作り
セリフも磨き上げます。

単に数字を上げ
儲ける事が目的でなく

お客様を幸せにすることが
目的だったら頑張れます。


最後まで読んで頂き
ありがとうございます。


更新ペースは週に一回。
毎週水曜日の予定です。

次回はまた来週!



このつづきは
こちらを→ クリック














0 件のコメント:

コメントを投稿