2016年9月28日水曜日

営業時間が短くても


お店の営業時間は
長いほうがいいのか
短いほうがいいのか?

お客様のためには

年中無休で
できるだけ長い時間
営業する方が
一見ニーズに
応えていると思えます。

でも必ずしも長いほうが
いいとは限りません。

特別な価値を提供する店は
営業時間が長いと


価値を維持できなくなる事があります。

価値を提供できなくなったら

本末転倒。

お店のコンセプトが

ブレてしまいます。

なんでもいいから
ただ儲けたいだけなら
それでもいいですが

こだわりのある価値で
世の中に貢献し

高い価値を維持して
続けていくなら

あえて営業時間を短くし
定休日を増やす必要があります。


私の場合は
どんなお客様に対しても
最良の対応ができるよう

常に心はニュートラルで
いる必要があります。

それには心をリセットさせる
ゆとりの時間をもつことは
大変重要だと考えました。


私の店はオープン後3年程で
朝の開店時間を1時間遅らせました。

閉店時間は同じなので
営業時間が短くなりました。



そしてオープン後5年程で
定休日を月に約4日から

プラス2日分増やし
月に約6日にしました。

そして年に一回は
リフレッシュのために

約5日間ほど店を閉めて
連休を取ります。

幸いにも

営業時間が減った事で

更にお店の価値が
上がったように思います。


「せっかく来たのに休みだった。
もう二度と来ないぞ!」

と考えるお客様と

「あー残念。今度来る時は
定休日には気をつけよう。」

と考えるお客様。

この店じゃなくてもいい人、
あまり考えない何でもいい人と

この店じゃないとダメな人、
ちゃんと考えて選ぶ人。

不思議なもので
コンセプトに合わない
お客様は減少し

お店のコンセプトに合う
お客様ばかりになりました。


営業時間は
短い方がいい事もある。

あなたの場合はいあがでしょうか?

よく検討してみる価値がありそうです。

最後まで読んでいただき
ありがとうございます。


更新ペースは週に一回。
毎週水曜日の予定です


次回はまた来週!


つづきは→ こちら

0 件のコメント:

コメントを投稿