2016年6月8日水曜日

天職とは

天職って何だろう?

社会人になって

天職について
よく考えたものでした。

社会に出て直ぐは

迷ってばかりです。

この仕事には

将来性があるのか

好きなことと

得意なことは違う。

この仕事は本当に

自分に合っているのか?

もっと他に自分に合っていて

いい仕事はないのだろうか?

でも初めのうちは

よくわからないものです。

そして日々の忙しさに流され

考えなくなってしまう。

だから私はよく

内観をしました。

なかなか集中できず

何度もやり直しをしました。

ひとりになり

すべてをシャットアウトし

しっかり自分と向き合い
自分の過去に遡り考えます。

自分の親はどんな後ろ姿を

見せてきたか

自分は小さい頃

何に夢中になり

どんな人に

憧れたか

どんな人に

出会ってきたか

出会った人から

どんなことを言われ

その時に

なにを感じたか

どんな時に

人が喜んでくれたか

どんな時に一番

幸せを感じるか

自分が取り組むべき

仕事はいったい何か?

自分はいったい

何がしたいのか?

私の場合

天職はもうすでに

自分の目の前に

あるものでした。

意外でした。


イヤでイヤで仕方ない

とさえ思ったことがある
この仕事

これが天職だと

自分で気づき

これが天職だと

自分で決めました。

天職とは自分で

覚悟を決めたら

生涯をかけて全身全霊で

取り組むものだと思います。


最後まで読んでいただき
ありがとうございます。


更新ペースは週に一回。

毎週水曜日のの予定です。

次回はまた来週!



次を読みたい方は
→ こちら

0 件のコメント:

コメントを投稿