2016年6月29日水曜日

きっかけ

学生を卒業した
当時の私は

自分にどんな仕事が
合っているのか

さっぱり
わかりませんでした。

どうにか就職しましたが
初めは仕事がイヤでした。

好きでも何でも無い
商材を扱っていました。


そんな自分が変わった
きっかけは


「人との出会い」でした。

なんとなく働きはじめた
業界でしたが

楽しそうに働いている
先輩たちがいました。


愚痴ばかり言っている
先輩もいる一方で

同じ仕事なのに
楽しそうにやっている人がいる

かれらは本当に前向きに
楽しそうに仕事をしている。

前向きに生きていて
とっても輝いています。

何でそんなに
楽しそうに働けるのか

初めは全く
理解できなかったのですが

一緒に仕事をするようになり
自分が変わっていきました。

どんなものにも
プラスとマイナス
表と裏があります。

どんな仕事でも
「快」の部分があります。

どうせ働くなら
「快」にフォーカスする。

どうせ働くなら
楽しく働いている人と
一緒に働いてみる。

肌で「快」の部分が
伝わってきます。

人生は有限。
同じ事象に対して

プラスを見る人生を選ぶか
マイナスを見る人生を選ぶか

「快」を味わう人生は
自分で自由に選べます。

はじめはイヤイヤ
やっていた仕事でしたが

だんだんその業界が
肌になじんできました。

キライだった仕事が
好きになり

興味の無い商材に
興味がわき始めました。


仕事に貴賎はありません。

そして儲かっているかどうか
将来性があるかどうか

そんなことは全然
関係ありません。

もしもあなたの周りで
楽しそうに輝く先輩がいたら

そばに行きましょう。そして
一緒に仕事をしてみましょう。


どうせやるなら
一生懸命やってみましょう。

目の前に来た仕事を全力でやると
必ず次のステップへ上がれます。

人生はなぜか
そんな風にできてます。

大丈夫。
その方向で合っています。

最後まで読んで頂き
ありがとうございます。

このつづきはまた来週。


次を読みたい方は→ こちら

0 件のコメント:

コメントを投稿